検索
  • dia19876

セルフ脱毛サロンを出店したその訳とは?

 こんにちわー、2,3日前は雪降ってめちゃ寒かったのに、⛄


昨日今日とめちゃポカポカ陽気☀


寒暖差ありすぎて的💦な、感じですねー 今日のブログは、「キングスサロン熊本大学前店」を出店するにいたった


経緯をおはなししたいと思います。



 

 オーナー(筆者)の私、実はレディースのトータルエステサロンを経営しております。


施術メニューにはもちろん、脱毛もあり、お客様に脱毛サービスのご提供を重ねるうちに


脱毛についてのノウハウが蓄積していきました。


そうこうしているうちに、男性の美意識が向上し、メンズ脱毛の需要が高まっていることに


着目しましたが、レディースサロンに男性が通うにはかなりの勇気がいりますよね。w




 そこで、今度はメンズ脱毛専門店を出店し、世のメンズ脱毛ニーズに応えるべく運営して


まいりました。




そこで感じたのは、男性女性に関わらず、


脱毛に関わる費用の相場をほとんどの方が知らないということです。




全国チェーンの大手の脱毛サロンさんは、


好立地の場所(家賃が高額)に出店し、


莫大な広告費をかけて知名度を上げ集客につなげています。


ネットで「脱毛」を検索しても、


大手の広告に埋め尽くされてしまい、ほんとの良い情報が埋もれてしまい。


大切な情報たどり着けないのもその理由のひとつだと思います




なので、当然大手の脱毛サロンさんは利益をだすために、


言葉悪いですが、激安のメニューを餌に食いついたお客様に、


高額のメニュー(高額になるような回数券や毎月定額制)を


契約させようと勧誘してきます。




弊店(2店とも)では、そのような手法は取らずに


少しでもお客様に喜んでいただくために、


できる限り金額を安く設定


気軽にスタートし、気軽に通いやすくなるよう都度払いのみを採用しております。


これだと、いつでもストップできるし、いつでもリスタートできますよね!





おかげさまで、その甲斐あってか、2店舗ともに口コミやご紹介でお客様に支えながら


脱毛サービスを提供でき、喜んでいただいております。





そんななか、脱毛のモチベーションの邪魔をする最大の敵が、


脱毛はしたくとも、その箇所によっては「恥ずかしい」ということです。







ここまでの「キーワード」としましては、


金額が安い・都度払い・恥ずかしい の3つの言葉が登場しましたが



長くなったので、この続きは後日に書き足したいと思います。笑











閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

GW突入